HOME > コラム > 成年後見制度 弁護士ら不正

成年後見制度 弁護士ら不正

不正30件、着服など9000万円

認知症などで判断能力が十分でない人を支援する成年後見人制度で、親族を含む後見人全体の昨年の不正は502件、被害総額は約26億円だった。

その内、弁護士や司法書士ら「専門職」による不正は30件、被害総額は約9000万円だったことが、最高裁の調査で分かった。

弁護士による相次ぐ不正を受け、日弁連は被害者に日弁連が「見舞金」を支払うほか、弁護士が依頼者から預かった資金の管理口座を弁護士会に届けるよう義務付けることにし、10月に運用がスタートする。

(平成29年3月25日 日本経済新聞より抜粋) 

 

いったい誰を信じたらいいのでしょうか?

国家権力に対しても裁判を起こせる弁護士が、人のお金を横領する時代。

しかも1億近いお金です。

やはり、人のお金を預かることは出来るだけしないようにしなければいけませんね。

ちょっと魔が差すということもあるのでしょう。まさに、悪魔が入り込んだように一瞬の判断や行動を誤る。そして一生を棒に振る。

冷静に考えたら、絶対にしないことです。

資金管理口座を弁護士会に届けるようにしたことは、不正を未然に防止する方法としては、とてもいいことだと思います。

でも、被害が出た時に見舞金を払う制度を作るとは。しかも1人500万円が上限。

まるで、今後も再発することを前提としているようです。

裁判所の管理、第三者の管理、まだまだ対応を改善する方法があるはずです。

子供にお金を取られるというのは、それまでの親の教育の結果ですから仕方ないと思いますが、信じている第三者に騙されるというのは、絶対に防がなくてはなりませんね。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから