HOME > コラム > 成年後見制度 自治体代理申請7倍

成年後見制度 自治体代理申請7倍

成年後見制度 自治体代理申請7倍

兵庫県内の自治体が2015年度、身寄りのない高齢者らの後見開始を親族らに代わって裁判所に請求したケースは、過去最多の233件だったことが7日、神戸新聞社のまとめでわかった。制度の浸透に加え、地縁の希薄な都市部で独居者の増加が背景にあるとみられている。

全国的にみると、最高裁によれば昨年は過去最多の5993件の上り、全体の17%を占めた。都市部の自治体の伸びが顕著で、地方は少ない。親族が関わるのを拒むケースが増えている。

背景には、独居で一人暮らし、身内にも見放された高齢者の姿が浮かぶ。親族に金銭を搾取されるなど虐待を受けているケースも相次ぎ、関係を断ち切る手段としても活用されている。

(平成28年10月8日 神戸新聞より抜粋)

 

親族が様々な事情によって、成年後見開始の請求を家庭裁判所に行えない場合、市長などが代わって請求できる制度が増えてきています。

神戸でもおひとり様の人数が増加し、親族と疎遠になっていて、親族の協力がないと申立てできない人が多いです。

実際の相続の現場でも、おひとり様からの相談は増えてきています。

特に、子供のおられない夫婦で配偶者が亡くなられた場合です。

この場合は、親族とほとんど無縁になっているケースが多くみられます。

兵庫県上郡町では、自治体の申し立てが1件も無いそうですが、地域の取り組みが根付いているのでしょうね。「頼りになるのは、遠くの親戚より近くの他人」とはよく言われますが、地縁は大切にしたいものです。災害時はもちろんですが、介護や相続の時にも、近くに頼れる人がいるかどうかで、安心感は大きく違います。

(米田貴虎)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから