HOME > コラム > 実家の相続放棄 急増

実家の相続放棄 急増

実家の相続放棄 急増

住む予定がない実家などの相続を放棄する人が急増している。維持費用や固定資産税の負担を避けるためで、深刻化する空き家問題に拍車をかける恐れがある。昨年5月に「空き家対策特別措置法」が全面施行し、自治体は手続きを踏めば、倒壊の恐れがある空き家を行政代執行で強制撤去できるようになった。費用は所有者に請求できるが、相続人全員が相続放棄すれば自治体が負担するしかない。

(2016年3月22日 日経新聞より)

 

 

相続人が相続放棄する多くのケースとしては、亡くなった方に負の遺産が有り継ぎたくないからとの理由が挙げられるが、中には亡くなった方と生前に疎遠状態であったため、今さら関わりたくないからとの理由で相続放棄をするケースもあります。相続放棄を行った結果、誰も住まない空き家が残り、家を解体する費用が自治体に重くのしかかる現状は、正に承継者のいないお墓の問題を連想されます。

(作成者 山口)

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから