HOME > コラム > 家族の絆 結び直す

家族の絆 結び直す

家族の絆 結び直す

「法定相続分は絶対にもらう」と遺産は家・土地・わずかな預金しかなく、分けるには母親が住む家を売るしかないのに娘が母を責め立てる。

 

 このように最近は収入の伸び悩みや老後の不安から、相続で入るお金に執着する人も増えている。争いは今や誰にでも起こると言える。遺産分割の調停申立件数は年々増加傾向にある。2011年度の新受件数は1万2千件。調停に至らないものの、持ち込まれる問い合わせは17万件を超す。


 調停件数の6割は成立に至るが、自分の考えに固執する人がいる場合はまとまりにくい。調停は相続人全員の合意がなければまとまらないからだ。

 

 しかし、調停は解決に向けた最後の場でもある。希薄になる親戚づきあいや個人の権利の高まりと仲の良い家族関係を築こうとすることのひずみに向き合い、家族の絆を結び直す必要がある。
(平成25年 日経新聞より) 


 相続で家族がもめることや争いが起こることの理由は何も決まっていなかったことが原因の一つであると考えられます。「まだ元気だから」と相続についての話をつい先延ばしにしてしまいがちです。そうするうちに、本人が認知になったり、話す機会がないまま月日が経ち、相続が発生してしまうのが現実です。


 そうならないように、年齢に関係なく、遺言書の作成やエンディングノートの作成、家族で話し合ったりと事前に家族に意思を伝えておくことが大切です。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから