HOME > コラム > 認知症の高齢者462万人

認知症の高齢者462万人

認知症の高齢者462万人

65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で、2012年時点で462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で分かった。

 

認知症になる可能性がある軽度認知障害の高齢者も約400万人いると推計。65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍になる計算で、政府は早急な対策を迫られそうだ。

 

介護保険のデータに基づき、厚労省が2012年に発表した認知症高齢者数は2010年で280万人、2012年で305万人。今回の調査はそれを大きく上回っている。

 

介護サービスを使っていない高齢者に認知症の人がいるとみられ、介護体制の整備や支援策を充実させる必要がありそうだ。
(平成25年6月2日 日経新聞より) 

 

 高齢化に伴い、今後認知症の人はますます増えてくるだろうと予想されます。「まだまだ元気だから大丈夫」と考える人も多いですが、家族が高齢者の様子を定期的に見ておく必要があります。

 

 認知症と正常な状態の間の方の場合は判断が難しいですが、急にひどくなった場合にそこから介護サービスの手続きをすると待たされることも多く、時間がかかってしまうので注意が必要です。


 また、万が一の際に備え、遺言書・エンディングノートの作成や家族に意思を伝えておくことを体調が悪くならないうちにしておきましょう。「まだまだ元気だから」と先延ばしにせずに、元気な時に様々なことに備えておくことが大切です。

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。0120-11-2064(携帯電話からもつながります)
メール相談はこちらから
追伸

「本当にこれでよいのか」「うちの場合はどうなのか」

こう思われる方も、お気軽にお問合せください。

相談は無料で行っています。

無料相談を通じて信頼していただき、その結果としてお手続をご依頼頂ければ幸いです。

しかし、実際にはアドバイスだけで終わる方も少なくありません。

私達は、それでも構わないと考えています。

「相続手続支援センター兵庫」という存在を知っていただくことが、とても大事だと思うからです。

 

お一人で悩まずに、お問合せだけでもされてみてはいかがでしょうか。

と、いくら申しましても、「自分で自分達のことを言っているのだから・・・」と思われる方もいるかもしれません。

それでも、相続手続支援センター兵庫の思いをお伝えしないよりも、

お伝えした方がいいと思い、書かせていただきました。


ページの先頭へ

【相続手続 無料相談受付中】24時間 土・日・祝日も受付中!! まずはお気軽にご相談ください。

0120-11-2064

メール相談はこちらから